06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --  -  cm: --
go page top

 

お知らせ 

 

いよいよ本番当日です!

全公演当日券もご用意しておりますので
是非ご来場くださいませ。


チケット予約の受け付けを開始しました!

チケット予約受付中!! チケット購入・予約はコチラ





チラシのローソンチケットLコードの訂正とお詫び

現在、配布中の告知チラシに重大な誤植がありましたので、
お知らせします。

下記内容に訂正させていただきますと共に
ご迷惑をお掛けいたしました事をお詫び申し上げます。


ローソンチケットのLコード番号が
『86797』となっておりましたが
正しくは『82594』です。


今後はこのような事がないように、
スタッフ一同十分留意して参りますので何卒ご容赦下さいますようお願い申し上げます。訂正してお詫び申し上げます。


博多衆
スポンサーサイト
tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

博多座公演 

 

平成22年度 博多座 市民檜舞台の月 参加作品
嘘つき鉄心『IRON HEART』


2010年12月17日(金)18日(土)
博多座公演!


●チケット絶賛発売中です●
チケット購入はコチラ

tessin.jpg


ストーリー

長い戦乱の時も終焉を迎え、平穏な日々を過ごす人々―。
そこには『嘘』を使って良くも悪くも丸く収める「嘘つき屋」を生業とする男『鉄心』がいた。
ある日溜まった家賃を払う為にと、大家から仕事を宛がわれ城へと向かう鉄心。
一方その城では世継ぎ騒動の真っ只中。
鉄心に課せられた使命、世継ぎ騒動に隠された謎、家臣の野望、
隣国『華加羅』の陰謀、風変わりな姫との出会い、戦乱時の仇敵や戦友との再会・・・
鉄心は全てを得意の『嘘』で乗り切る事が出来るのか?

繰り広げられる剣技のみならず、
心と言葉が交錯する時代劇ファンタジー活劇『JFK』に刮目せよ!




会場
博多座 (福岡市博多区下川端町2番1号)

日程
2010年12月17日(金) 開演19:00
2010年12月18日(土) 開演13:00/開演16:30



チケット料金
A席  3,000円
B席  2,000円


チケット絶賛発売中です
チケット購入はコチラ


後援
福岡市
福岡市教育委員会 
福岡市文化芸術振興財団
FBS福岡放送
RKB毎日放送
読売新聞西部本社
NPO法人FPAP



参加団体・企業・学校募集中です。

お問い合わせ等は
右のメールフォームから御連絡くださいませ。

tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

KBCラジオ VERO②VA 

 

こんにちは!

明日12月4日(土)
KBCラジオ「VERO②VA」
パーソナリティー
ブルーリバー


博多衆メンバーが、出演します!

ワタナベエンターテインメントの
町田隼人さん
おりがみの山下さん

です♪
どんな先輩後輩トークを聞くことができるでしょうか(^^)

お楽しみに!!
12月4日(土)
22:00頃出演予定です!!

tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

参加団体・企業・学校等 

 

参加劇団


劇団えのき岳遊劇隊

演劇銭団Do-リンク場

劇団WET BLANKET

劇団ミクロドロップ

劇団無名

劇団ぎゃ。

演劇集団つむじ

演劇創作館 椿楼

演劇青年組合センター4

劇団大河

ワタナベエンターテインメント


参加団体・企業・学校募集中です。

お問い合わせ等は
右のメールフォームから御連絡くださいませ。
tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

公演概要 

 

概要

昨年開業10周年を迎えた博多座ですが、
地元福岡で活動する団体での公演は少なく、
殆どが首都圏からの来福団体によって行われています。
その博多座で地元団体による公演を行い、
福岡の芸術文化活動を盛り上げ、街の活性化にも繋げたい、
そういった地域貢献の意も組んだ『福岡発信』の博多座公演を行うため、
福岡演劇[博多衆]を立ち上げました。


『博多衆』とは

今回の檜舞台参加に向けて地元で活動を続ける「劇団えのき岳遊劇隊」を主軸に、
同じく福岡で活動する劇団から成る連合体を形成し、
更に福岡に既存のアーティスト系専門学校・タレント育成校・大学演劇部
公募による一般からの参加で構成した団体です。


『博多座市民檜舞台』とは?

博多座では歌舞伎、お芝居、ミュージカル、歌謡ショーなど
様々な演目が月替わりで行われていますが、
毎年12月は『市民檜舞台の月』として市民の発表会などに開放し、
近年では文楽公演など様々な団体が博多座の舞台を使用しています。
これにより博多座がより市民に近い場所になっていく様、
地元で活動する団体等から応募を募り、厳重な選考の上、公演を行う団体が選ばれます。


tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

更新履歴

 

 

メニュー

 

 

お知らせ

 

 

公演情報リンク

 

 

お問い合わせメールフォーム

 

 

応援バナー

 

 

アクセスランキング

 

 

カウンター

 

 

リンク

 

 

QRコード

 

 

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。